【グッド・ドクター】
すべての子どもを大人にしたい、ただそれだけ―。小児外科医の世界を舞台に、驚異的な能力を持つサヴァン症候群の青年のぬくもりが日本中を包み込む!

驚異的な暗記力を持つ一方、コミュニケーション能力に障害があるサヴァン症候群の青年・新堂湊。幼い頃から小児外科医になることが夢だった湊が、ある日、研修医として小児外科の世界に飛び込み、周りからの偏見や反発にさらされながらも、子どもたちの命のために闘い、子どもたちの心に寄り添い、そして子どもたちとともに成長していく。
7140DD9D-2B1E-4C8E-A124-0549769569B4
◆新堂奏(山崎賢人)◆
先天的に自閉症スペクトラム障がいながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年。
◆瀬戸夏美(上野樹里)◆
正義感が強く勝ち気で明るい性格である反面、人に弱みを見せられない性分の小児外科医。
◆高山誠司(藤木直人)◆
美たち小児外科医を束ねる科のエース。小児外科医として日本トップクラスの腕前の持ち主。
◆間宮啓介(戸次重幸)◆
小児外科長。湊に頭を抱える。
◆橋口太郎(浜野謙太)◆
看護師。子どもたちからは大の人気者である小児外科のムードメーカー。
◆東郷美智(中村ゆり)◆
理事長。前理事長の娘で、父の死をきっかけに病院の赤字経営を建て直すために理事長に就任。
◆司賀明(柄本明)◆
院長。実直かつ温厚な人柄で、湊にとっては父親のような存在、高山にとっては敬愛する恩師。
◆猪口隆之介(板尾創路)◆
病院の副院長。非常に優秀で頭の回転が速い。とある企てのために、物語をゆるがしていくことに。

新堂湊(山崎賢人)は2人兄弟の次男として生まれ、先天的に自閉症スペクトラム障がいながら、驚異的な記憶力を持つサヴァン症候群の青年。兄から、たゆみなく愛を注がれて過ごす少年時代、湊の才能に気づいていた兄は湊に、将来、医師になるよう勧める。その後、湊は兄とのとある出来事が理由で、町の診療所の医師・司賀明(柄本明)に出会い、医師の中でも小児外科医になりたいと思うようになる。司賀と仲良くなった湊は診療所に通い詰め、7歳の時にはすでに人体の器官をすべて暗記してしまい、そんな湊の能力に驚いた司賀は、湊が夢を叶えられるよう支えることを決意する。

膨膨大な医学書すらすべて暗記してしまう湊は、医学部を主席で卒業し、医師国家試験に合格。そして、大きな病院の院長となった司賀から、自身の病院の小児外科でレジデントとして働かないかと声をかけられ、小児外科で働くこととなった湊。その時は科内だけでなく院内の誰も想像すらしていなかった。トラブルばかりを起こす湊から逆に、医師として大切なことを教えてもらうことになるとは。子どもという存在、医師という存在に、これほどまで深く向き合うことになるとは。「すべての子どもを大人にしたい」という湊のぬくもりが患者の子ども、兄弟、親、そして病院を変えていくことになろうとは。
主題歌 androp「Hikari」

第1話「最高にピュアな小児外科医誕生!幼き命を守るために闘う医師たちの感動作」
朝の通勤時間帯。新堂湊(山﨑賢人)は初出勤のバスに揺られている。その手には木彫りのメスが握られていた。湊がバスを降りると子どもが怪我をして倒れている。自ら応急処置を施し、初出勤の病院に急ぎたい湊だが、救急で子どもに付き添うことになる。東郷記念病院では夏美(上野樹里)がERから子どもの受け入れを伝えられた。到着した救急車からは子どものストレッチャーと一緒に湊も現れる。
ADFC6CD0-D64F-4AC8-A628-417DE2E3ECCB
第2話「女子高生が未熟児を緊急出産!小さな命を守りたい…」
女子高校生の菅原唯菜(山田杏奈)が学校で破水して救急搬送されてきた。即緊急出産、赤ん坊は低出生体重児で腸のほとんどが壊死状態(壊死性腸炎)、唯菜はこれまで検診を受けたことがない未受診妊婦だった。唯菜はNICUで保育器に入れられた我が子にしきりに謝罪していた。すると、湊がこのままだと赤ちゃんは死んでしまうが助かる方法はあると言ってしまう…。NICUへ通う湊は、赤ちゃんの診断画像からあることに気づいた。
7153BA9E-E6A3-4AEB-9399-CF439CBCBBB0
第3話「病院をたらい回しされた少女!救いたいだけなのに…」
6歳の市川美結(竹野谷咲)が病院に運び込まれきた。病院をたらい回しにされ、既に発症から4時間以上が経過していて容態は重篤だった。美結の様子を見た湊(山崎賢人)は、一目で緊急手術が必要だと夏美に訴えるが、間もなくして美結が心停夏美に。夏美の懸命な心臓マッサージで一命を取り留めたが…。湊は美結の両親である英雄(髙橋洋)と詩織(前田亜季)に、ある意味で命をつなぐ。
6F0A8C26-D5E4-4FE9-A1B6-D5BFD1286E26
第4話「身元不明の少女を湊が初担当!?少女の悲しい秘密」
腹痛で緊急搬送された少女・あかり(高松咲希)が暴れている。湊は少女を診るが、心はなかなかほぐれない。そんな時、少女の母親・大石薫(瑛蓮)が病院に来た。薫が持って来たあかりのバッグには、お絵描きノートが入っていた。夜、湊があかりの病室に行くとお絵描きノートが落ちていた。そこには…。
BA2DE4AA-FD36-4690-A9CE-BE2903AB5A44
第5話「天才少年の歌声が病魔に!湊、小児外科医をクビ…?」
天才ボーイソプラノ歌手・羽山響(城桧吏)が喉の不調を訴え、父の徹郎(三浦誠己)に伴われて東郷記念病院に来た。湊(山崎賢人)は画像から下咽頭梨状窩瘻と判断。早急の手術が必要だったが、徹朗は猛反対。入院することになった響に湊が、院内で行われる倫太朗(斎藤汰鷹)たちの合唱に誘おうとしたと知った徹郎の怒りを買ってしまい…。
9F40A6E8-28F2-49D7-8E05-F4B9F3DEEE95
第6話「私の赤ちゃんを救って…。湊が挑む!母体か子どもか」
出産間近の患者・水野理香(篠原ゆき子)は周産期心筋症を患っており、胎児にリンパ管腫が見つかった。リスクを伴う手術に間宮啓介(戸次重幸)は反対するが、高山(藤木直人)は患者が望むならと請け負い、助手に夏美(上野樹里)と湊(山崎賢人)を指名した。
10E8F874-AA9E-480D-9DD6-5CF7652BD63D
第7話「元小児外科患者が再入院!結婚直前の2人に悲劇が…」
夏美(上野樹里)が担当した患者・倉田菜々子(福田麻由子)が病院に訪ねて来た。同僚の馬渕健太郎(藤原季節)からプロポーズされたが、卵巣摘出手術を受けたことを言い出せないでいた。健太郎は、気持ちは変わらないと答えて結婚へと進むことになった。だが、菜々子は激しい頭痛に見舞われて東郷記念病院に緊急搬送された。菜々子は脳に異常はなかったが…。
0A984036-3340-4288-8C00-D47831DDB8CC
第8話「大病を患う幼い命…家族が抱えるそれぞれの想い…」
香織(酒井若菜)は、高山誠司(藤木直人)に陽翔(鳥越壮真)を診てもらうため、翔太(池田優斗)を連れて東京へ来ていた。夏美(上野樹里)は、看病疲れはもちろんだが陽翔のために転校した翔太の環境変化も気にかけていた。湊は、なぜ翔太がトゲトゲしくなっているのか理解出来ずにいた。そんな矢先に香織が階段から転落して運ばれてきた。
A1E69685-F2A8-400B-B1F8-98B64A1AC039
第9話「何回手術すれば気が済むの?すれ違う姉妹の想いに湊は…ついに最終章!」
患者の滝川亮平(萩原利久)は、バスケの練習中に頭を強打したことから水頭症を発症し、頭を打った時に腰髄も損傷した為、水頭症が改善されても歩行が困難になってしまう。一方、湊(山崎賢人)が担当する森下伊代(松風理咲)が倒れた。伊代には小腸の移植が必要と聞いた汐里(松井愛莉)はドナーになると言う。
58726163-3546-41BD-BA94-4EE4C7ABE834
第10話「命をつないでいく小児外科医 彼らが背負っていくものは... 」
森下伊代(松風理咲)が急変。肝硬変も患っていた。すぐにでも肝臓の移植手術が必要だが、小腸の移植も予定されている。小腸と肝臓の同時移植は国内で実施された例は少なく、高山(藤木直人)ですら行ったことがない。そこにER(救急救命室)から川で溺れた少女、吉本美咲(古川凛)が心肺停止状態で運び込まれたと連絡が入る…。
25D96D93-7E1A-449B-BB40-39C1029CEB45