【ブラックスキャンダル】
偽りの“謝罪会見”で地獄に落ちた元女優は、顔を変え“芸能マネージャー”として愛憎渦巻く“復讐”のステージに立つ。

5年前…身に覚えのない不倫スキャンダルの“謝罪会見”で、ある人気女優が、炎上とバッシングの末に社会から葬り去られる。そして現在、女は整形によって顔を変え、誰にも気づかれず芸能マネージャーとして生きていた。―全ては、自らを陥れた人間達に“復讐”するために―

「本当に謝罪会見すべきは、私じゃない。」
ED5811CD-A2BA-457D-B74D-6830FE67F14A
◆矢神亜梨沙(山口紗弥加)◆
芸能プロダクション「フローライト」の敏腕マネージャー。元々は「フローライト」に所属していた女優だったが、5年前に身に覚えのない不倫スキャンダルで芸能界から追放される。
◆勅使河原純矢(安藤政信)◆
フローライト芸能1部チーフマネージャーで亜梨沙の元恋人。フローライトの社長・勅使河原友和の一人息子。
◆阿久津唯菜(松井玲奈)◆
フローライト芸能1部に所属する人気女優。亜梨沙にとって最大の理解者。
◆花園由祐子(平岩紙)◆
フローライト芸能2部チーフマネージャー。亜梨沙の元マネージャー。タレントを売るためならば手段を選ばない強硬派。タレントを「物」としてでしか扱わず、必要なしと判断すれば問答無用で切り捨てる。
◆勅使河原友和(片岡鶴太郎)◆
純矢の父親。所属タレントに対しては並々ならぬ愛情を注ぎ、父親のように慕われている存在。
◆藤崎沙羅(松本まりか)◆
フローライトに所属していた元女優。身に覚えのない棚城との不倫スキャンダルが大々的に報じられる。釈明会見をしようとした矢先に棚城が釈明会見で不倫事実を認めてしまい、世間から猛烈な誹謗中傷を浴びて芸能界から追放されてしまう。5年後、後輩女優から不倫スキャンダルが捏造されたものであることを聞かされ、整形手術を行って顔を変え、名前を「矢神亜梨沙」と名乗り、自分を嵌めた者たちに復讐する決意をする。
8CCD8FEA-4455-4D86-87CB-D29F05921E31
5年前――。人気女優・藤崎紗羅の根も葉もない嘘の不倫スキャンダルが報道される。もちろん紗羅は釈明会見を開こうとするがその矢先、なんと不倫相手とされた俳優の棚城健二郎が不倫を認め、謝罪会見を行ってしまう。こうして、紗羅は世間の激しい炎上とバッシングの末、芸能界から抹殺され、母親は娘のスキャンダルを苦に自ら命を落としてしまう。偽りの謝罪会見によって全てを失った紗羅…。

――現在。世間から隠れるように生きていた元女優は、かつて同じ芸能事務所「フローライト」に所属していた後輩女優から、不倫相手とされた男性が「実はフローライトに金をつまれて嘘のスキャンダルを演じた」と話していたことを告げられる。元女優は、偽りのスキャンダルの真相を暴き、自らを陥れた人間に復讐するため、整形で顔を変え、矢神亜梨沙としてフローライトに芸能マネージャーとして潜入。夢と欲にまみれた芸能界で復讐を果たすために、所属タレントの様々なトラブルを陰で解決しながらマネージャーとしてのし上がっていくが、復讐の果てには誰も想像だにしない衝撃の真実が隠されていた…。

主題歌 ゲスの極み乙女。「ドグマン」

第1話「本当に謝罪会見すべきは私じゃない…!」
5年前。女優の藤崎紗羅(松本まりか)は、根も葉もない不倫スキャンダルの当事者に仕立て上げられ、不本意な偽りの謝罪会見をする羽目となった。紗羅は世間から激しいバッシングを受けて芸能界を追放される。全てを失った紗羅は、整形して矢神亜梨沙(山口紗弥加)という別人に姿を変え、復讐を果たすべく動き出す!
061E831E-1217-429B-8352-4801ADD8EF6B
第2話「ゲス過ぎる二世俳優の薬物汚染が止まらない」
『フローライト』の看板女優、阿久津唯菜(松井玲奈)と共演することになった俳優の棚城健二郎(波岡一喜)。その健二郎こそが、ありもしない藤崎紗羅との不倫を認め、紗羅を地獄へ突き落した張本人だった!矢神亜梨沙(山口紗弥加)は、その健二郎に復讐すべく近づいていく。しかしそれを健二郎のマネージャーに阻まれ…。
444489C6-96EA-4EE3-9922-0CCED1D68136
第3話「アイドルの闇!?芸能界のタブーが暴露される」
『週刊星流』の記者、巻田健吾(片桐仁)は、五色沼仁(袴田吉彦)や棚城健二郎(波岡一喜)が起こした騒動の影に、矢神亜梨沙(山口紗弥加)がいることに気付く。一方『フローライト』では、売り出し中のミルキーロードのメンバー、ミカ(田中真琴)の妊娠が発覚!亜梨沙はミカを守るためにある手段を思いつくが…。
EF202F30-D3B1-4FE6-A539-C7480D46B344
第4話「整形発覚で復讐終了!?ゲスの極み芸能記者!」
矢神亜梨沙(山口紗弥加)は、巻田健吾(片桐仁)から、「あんたは藤崎紗羅(松本まりか)と同一人物で、5年前の復讐をしているんだな」と見抜かれる。一方、花園由祐子(平岩紙)は、亜梨沙にチーフマネージャーの地位を奪われないように、小嶋夏恋(小川紗良)の過去の枕営業をスキャンダルにしようと目論むが…。
F23FBB62-5420-4608-AB20-F4050E356194
第5話「ブラックスキャンダル因縁のCM争奪バトル枕営業再び…衝撃結末」
矢神亜梨沙(山口紗弥加)と花園由祐子(平岩紙)は、勅使河原友和(片岡鶴太郎)から、ある大手企業のCMの仕事を取ってきた人間をチーフマネージャーにすると言い渡される。それは久保寺徹(笠原秀幸)が経営する企業のCMで、出演者は久保寺を囲むパーティーで、久保寺の一存で決まると言う。
9FFD0A2F-2592-4CE5-B777-3D819CAC0434
第6話「女優にヌード強要!最低ゲスマネージャー」
ソフィア(瑛茉ジャスミン)の罪をかぶって水谷快人(若葉竜也)は逮捕された。さらに花園由祐子(平岩紙)は、そのソフィアの弱みを握ってヌード写真集を出させようとし、ソフィアは追い詰められる。矢神亜梨沙(山口紗弥加)はそんな花園への復讐を企てるが、巻田健吾(片桐仁)の裏切りに遭って…。
862ACBEB-E926-4B86-9DEA-A0E9B49748C6
第7話「復讐最終章!ゲス社長が秘密にする衝撃事実」
矢神亜梨沙(山口紗弥加)は、勅使河原友和(片岡鶴太郎)に復讐するつもりだと純矢(安藤政信)に告げる。一方、『フローライト』の新社長になるジョーンD(マイケル富岡)は、社員たちに「私が社長になったら、タレントもマネージャーも、ともに整理をする」と言い放ち、『フローライト』には不穏な空気が漂い…。
5C6C64DF-8ABF-47C5-9811-9A8515A92BFD
第8話「女同士のドロ沼バトル!衝撃の事実が明らかに!?」
阿久津唯菜(松井玲奈)と勅使河原純矢(安藤政信)が婚約したというニュースが流れ、唖然とする矢神亜梨沙(山口紗弥加)。そのうえ、亜梨沙は、唯菜の口から衝撃の事実を知らされる…。一方、巻田健吾(片桐仁)は、亜梨沙に、藤崎紗羅であることを暴露されたくなければ大金を払えと脅しをかける。
1BE85445-C39B-47CB-86D5-BD82D39AFB24
第9話「真の黒幕はまさかの!?今夜衝撃の真相を暴露」
阿久津唯菜(松井玲奈)は、マスコミの前で矢神亜梨沙(山口紗弥加)の正体が藤崎紗羅であり、純矢(安藤政信)との関係を逆恨みして唯菜に大けがを負わせたと言い放った。そのためマスコミに追われる亜梨沙は、責任を取って辞職することに。その頃、水谷快人(若葉竜也)は姉の死に関わる重要な動画を手に入れていた。
FDF1F34C-FC5B-458C-872D-E0740B63EDB8
第10話(最終話)「黒幕はゲスの極み!壮絶な結末を見逃すな!」
勅使河原友和(片岡鶴太郎)が自殺した。矢神亜梨沙(山口紗弥加)が、勅使河原純矢(安藤政信)に、水谷快人(若葉竜也)の姉の死の真相を問いただすと、「そうだよ、俺が殺した」と認める純矢。その後、純矢は新たに事務所を立ち上げることに。そして亜梨沙は、真の復讐へと立ち上がるのだが…。
A8513D43-9759-48EB-BF54-4F41E2499358