【ボイス 110緊急司令室】

「妻を殺された敏腕刑事」×「父を殺された声紋分析官」通報電話の“声”が、二人を事件現場に駆り立てる。連続殺人鬼を追うタイムリミットサスペンス!

緊急指令室には、電話による通報から『3分で現場到着、5分で現場確認、10分で検挙』と言う被害者の生死を分ける「クライシスタイム」が存在する。クライシスタイム内に人々を救うため緊急指令室(現在の110番)内に新たに独自の捜査ユニットが創設された。 その名は「ECU (Emergency Call Unit)」。勘と行動力で突き進む凄腕刑事とボイスプロファイラー (声紋分析官)たちが協力して助けを求める、人々を救っていく「タイムリミットサスペンス」が誕生!さらに、主人公たちの愛する家族を無残に殺害した「真犯人」を突き止めていく壮大な復讐劇が幕を開ける!

48CE8EA1-868E-484A-B8B0-1F7AF5A86101
▪️樋口彰吾(唐沢寿明) ―俺は犯人を地獄の果てまで追いかける―
港東署ECU緊急出動班・班長。妻を殺された凄腕刑事。「助けて」と願う妻の「声」が頭から離れない。
▪️橘ひかり(真木よう子) ―私たちが存在する意味であり、義務です―
港東署ECU・室長。ボイスプロファイラー。父を殺された声紋分析官。助けを求める人の「声」を聞くこと。
▪️石川透(増田貫之)
港東署ECU緊急出動班・捜査員。樋口を兄貴と慕う若手敏腕刑事。
▪️沖原隆志(木村祐一)
港東署・強行犯係・係長。樋口の同期。人情味あふれるベテラン刑事。
▪️田所賢一(小市慢太郎)
港東警察署・署長。
▪️本郷辰夫(伊武雅刀)
本郷グループ会長。
▪️本郷雫(伊勢谷友介)
本郷グループ代表。
▪️上杉渉(手塚とおる)
人材派遣会社社長/雫の義兄。
主題歌 BLUE ENCOUNT「バッドパラドックス」

第1話「制限時間内に命を救え!決死のタイムリミットサスペンスが幕を開ける!」
敏腕刑事・樋口(唐沢寿明)は猟奇殺人犯に妻・未希(菊池桃子)を殺され、妻を救えなかった緊急指令室のひかり(真木よう子)を憎む。そんな中、樋口は緊急指令室に異動となる。
F723A173-E9C1-4430-ADC3-6DFCADBBAF6D
第2話「樋口をECUに呼び寄せたひかりの真の目的とは!?ついにECUが始動する!」
監禁されている女子大学生・夏美(吉川愛)を救うべく、ひかり(真木よう子)は自分の聴力を頼りに犯人の居場所をつかむ。ひかりの報告を受けた樋口(唐沢寿明)は、夏美を殺す寸前だった犯人を捕らえ、無事に救出。事件後、樋口はひかりが本当に“音”を聞き分けて指示を出したのか疑問を抱き、問いただす。
5E35628C-060A-49EC-98AE-BC9105097715
第3話「事件に仕組まれた巧妙な罠が、真相に迫る樋口とひかりを待ち受ける!」
ECU室員の栞(石橋菜津美)から、妹・葵(矢作穂香)が拉致されたと通報が入る。携帯電話のGPSから場所を特定し、樋口(唐沢寿明)と石川(増田貴久)が出動。車のトランクの中にいる葵を捜すべく、ひかり(真木よう子)が音を頼りに樋口らに指示を出す。だが、犯人の車を特定するも、拳銃を発砲され逃してしまう。
54065319-DE6C-47F1-9480-1DAE4AF3470B
第4話「樋口とひかりの行く手に、さらなる巨悪が待ち受けていた!」
土の中に埋められたひかり(真木よう子)を、樋口(唐沢寿明)が捜し出し救出。しかし、新田(森永悠希)は警察に気付き逃走してしまう。ひかりは、葵(矢作穂香)の居場所は新田のサイトに手掛かりがあるはずと伝え、さらに、新田が第五地区主婦殺人事件について話していたことも明かし、新田と葵の過去が判明する。
DB733A87-318C-4EF3-9810-19268F908770
第5話「被害者の生死を分けるクライシスタイムの戦いが始まる!」
ひかり(真木よう子)は、新田(森永悠希)を殺害したのは樋口(唐沢寿明)の妻・未希(菊池桃子)を殺した犯人と同一人物だと話す。犯人は新田を個室トイレで殺した後、そこから逃げ出していた。樋口とひかりは協力し、防犯カメラで捜し出す。さらに真犯人の協力者として、強行犯係・沖原(木村祐一)を疑い始める。
356BBBEC-3B74-4788-ADB5-F519A297FF1C
第6話「組織に巣食う悪を追う樋口とひかり、その先に待つ衝撃の別れとは…」
鉄パイプを持った男たちに樋口(唐沢寿明)が襲われる。ひかり(真木よう子)は樋口の携帯のGPSから居場所を捜すが、なかなか見つからない。しかし、樋口と最後に電話をした際の周囲の“音”を頼りに、執念で見つけ出す。石川(増田貴久)らが現場に向かうと、そこには樋口と第五地区主婦殺人事件の真犯人がいた。
EB13B4B4-0BEA-4E63-A7EC-7115D82273AC
第7話「狂気の殺人鬼に攪乱される捜査網!亡き妻が抱えた“ある秘密”が樋口を追い詰める!」
沖原(木村祐一)が何者かに襲われ、捜査線上に未希(菊池桃子)らを殺した犯人が浮上。しかし樋口(唐沢寿明)とひかり(真木よう子)は、真犯人は他にいると推測。そんな中、人質を道連れに投身自殺しようとしている男・高木(芹澤興人)から電話が入る。樋口は高木を救うが、沖原を襲った犯人と関連があると分かる。
1EDDD757-646F-4104-BFB2-176D1010F314
第8話「集団行方不明の謎を追う樋口とひかり。しかし想定外の内通者の存在でECUは解散の危機に!」
上杉(手塚とおる)に呼び出され樋口(唐沢寿明)らが向かうが、上杉は自殺していた。しかし、ひかり(真木よう子)は飛び降り自殺に見せ掛けた他殺と推測する。一方、本郷ホールディングスの社長・雫(伊勢谷友介)は、参考人聴取で警察に呼び出される。だが一向に応じず、鉄球が並ぶ部屋で不敵な笑みを浮かべていた。
9E9295FB-D2C5-4857-9853-5FB01BE762C8
第9話「雫を追い詰める証拠を探す樋口とひかりの陰で石川の過去が明らかに!」
建設中の地下トンネルで起きた崩落事故の救助のため、樋口(唐沢寿明)らは事故現場へ向かう。ひかり(真木よう子)は“音”を頼りに、樋口らに指示を送る。しかし、工事に本郷グループが関わっていることが分かり、本郷ホールディングス会長・本郷辰夫(伊武雅刀)はECUに事故現場から撤退するよう伝える。
4C988800-50CC-45C0-B69A-533698FC5432
第10話(最終話)「ついに最終決戦の時!殺人鬼・雫による悪夢のクライシスタイムが始まる!」
樋口(唐沢寿明)が別荘へ向かうと、そこに見覚えのある高級車が1台停車していた。その付近に血痕が残っていることから、樋口は事件との関連性を察知。ひかり(真木よう子)に連絡を入れ、石川(増田貴久)が事件に巻き込まれた可能性があるとして直ちに応援を要請する。そして樋口は、別荘へと踏み込む。
B1F2992A-2096-4B7B-8D42-EBA2F1789B96