【ノーサイド・ゲーム】

左遷された男は低迷するラクビー部とともに再起することができるのか!?

1B76A1A8-5452-46F1-BA48-226767283D14
▪️君嶋隼人(大泉洋)
権力に屈せず、真実と正義を追求する真っ直ぐな法医学者。
▪️君嶋真希(松たか子)
君嶋の妻。
<アストロズ部員>
▪️岸和田徹(高橋光臣)
「アストロズ」の主将。
▪️七尾圭太(眞栄田郷敦)
トキワ自動車本社の海外事業部所属。ニュージーランドからの帰国子女。
1B14FFFC-D94B-4651-83FB-986D1A09E23D
▪️佐倉多英(笹本玲奈)
君嶋の部下。「アストロズ」のマネージャ。アナリストも務める。
▪️ 脇坂賢治(石川禅)
トキワ自動車経営戦略室長。君嶋の直属の上司。
▪️ 島本博(西郷輝彦)
トキワ自動車社長。
▪️ 柴門琢磨(大谷亮平)
「アストロズ」の監督。君嶋とともに「アストロズ」の再建を目指す。
▪️ 津田三郎(渡辺裕之)
最強チーム「サイクロンズ」の監督。
▪️ 滝川桂一郎(上川隆也)
トキワ自動車取締役営業本部長。

大手自動車メーカー「トキワ自動車」の中堅サラリーマン・君嶋隼人(大泉洋)。君嶋(大泉洋)は出世レースの先頭に立ち幹部候補とまで言われていたが、上司が主導する企業買収に異を唱えた結果、左遷人事で府中工場に総務部長として赴任することに。意に染まない異動だが、これもサラリーマンの宿命。やるせない思いで赴任先の工場に赴いたところ、トキワ自動車ラグビーチーム「アストロズ」のゼネラルマネージャーを兼務するよう命じられる。かつては強豪チームだったアストロズだが、いまは成績不振にあえいでいた。こうして知識も経験もない君嶋(大泉洋)にチーム再建という重荷が課せられた。低迷するラグビー部と出世の道を絶たれた君嶋(大泉洋)の再起をかけた戦いが始まる。

主題歌 米津玄師「馬と鹿」

第1話「新しいサラリーマンヒーローの誕生!どん底からはい上がれ!」
大手自動車メーカーに勤める君嶋(大泉洋)は、幹部候補といわれていたが、上司に盾突いたため本社から工場の総務部長に左遷される。さらに、会社のラグビーチームのゼネラルマネジャーを兼務するよう命じられ途方にくれる。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第2話「サラリーマンは人事が全て!愛ある選択」
君嶋(大泉洋)は「生き残るためにはアストロズがプラチナリーグで優勝するしかない」と決意し、監督を誰にしようか悩む。そんな中、君嶋は新聞記事に、大学ラグビーで3連覇の実績がある柴門(大谷亮平)の名を見つける。だが、大学の同期の柴門とは気まずい思い出があるため、君嶋は声を掛けられない。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第3話「涙の大逆転!仲間を信じて奇跡を起こせ」
君嶋(大泉洋)はアストロズを盛り上げるために、子供たちに向けたラグビー教室を開催する。しかし、参加者は息子の博人(市川右近)と友達の二人のみだった。こんな状況では14億円の赤字は回収できないと、君嶋はプラチナリーグのGM会議で「国内のラグビーファンを増やすための運営とは」と意見を述べる。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第4話「リストラに負けるな仲間を信じて戦え!」
アストロズの人気が高まり、スタジアムに試合を見に来る客も増える。だが、君嶋(大泉洋)は滝川(上川隆也)から、「そんなに甘いもんじゃない」と忠告される。君嶋は、メディアを使いラグビー人気を浸透させようと企てる。そんな中、佐々(林家たま平)が取引先でラグビーの話題を出したところ、裏目に出てしまう。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第5話「運命の頂上決戦!!涙の大逆転なるか?」
連勝続きのアストロズに、君嶋(大泉洋)は優勝も夢じゃないと思い始める。一方、柴門(大谷亮平)はロッカールームで隣になったサイクロンズの津田(渡辺裕之)からばかにされ、悔しい思いをする。そんな中、ラグビー枠で入社した七尾(眞栄田郷敦)が、ラグビー部の存続が危ういとのうわさを耳にしてしまう。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第6話「本社復帰のチャンス涙!最後の決断とは」
サイクロンズ戦には敗れたもののプラチナリーグ2位という好成績で終えたアストロズ。君嶋(大泉洋)は来年度予算を承認してもらうため役員会議に臨むが、滝川(上川隆也)から全面的に否定される。増大する滝川の権力を削ぐため君嶋を手元に置きたい脇坂(石川禅)は、君嶋に経営戦略室に戻ってくるよう打診する。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第7話「引き抜き!絶体絶命男の覚悟に大号泣!」
アストロズに七尾(眞栄田郷敦)が加わり、七尾は浜畑(廣瀬俊朗)とスタメンの座を競い合う。一方、君嶋(大泉洋)は数年前に起きたタンカー座礁事故とカザマ商事のバンカーオイルの関係について調べ始める。オイルの分析を行った大学教授に話を聞くため、君嶋は星野(入江甚儀)に間を取り持つよう頼む。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第8話「最終章~社長交代で廃部!?涙の反撃開始」
里村(佳久創)が抜け、新たな局面を迎えるアストロズ。新加入した七尾(眞栄田郷敦)は、スタミナ不足を露呈する。浜畑(廣瀬俊朗)は、七尾のスタミナ不足の原因を見抜き、解決策を伝える。そんな中、ゴルフ場建設反対派が再び府中工場前に集まるようになり、君嶋(大泉洋)は、反対派の声を聞くため懇親会を開く。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第9話「最終回前~負けたら廃部!涙の反撃開始」
トキワ自動車本社では、滝川(上川隆也)を中心にカザマ商事買収に関する会議が行われる。脇坂(石川禅)はその会議に、メンバーではない君嶋(大泉洋)を臨席させる。君嶋はある資料を用意していた。そんな中、アストロズでは七尾(眞栄田郷敦)がレギュラーになり、柴門(大谷亮平)は七尾の弱点を見つける。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238
第10話(最終話)「最終回スペシャル!涙の決勝戦~逆転に挑め!裏切りか友情か」
カザマ商事買収の一件を収束させ常務に昇進した脇坂(石川禅)は、これまでの態度を一変させラグビー部廃止を公言する。君嶋(大泉洋)はかつての上司の裏切りに驚きながらも、アストロズを守るために奔走。そんな中、サイクロンズとの対決を控えたアストロズは、積年の雪辱を果たすため全力で試合に臨む。
EA40BF4C-4311-4885-BC88-E859F1CA9238