【教場】
フジテレビ開局60周年特別企画 教場。木村拓哉が身の毛もよだつ戦慄の鬼教官に!

厳しすぎる規律、守れなかった際の厳罰制度、絶対服従の上下関係など、前時代的とも言えるほど壮絶なため、ハラスメント、働き方改革といった世論が高まる昨今の社会に一石を投じ、論争を巻き起こし得る内容とも言える。人権意識、民主主義的感覚を奪い、上下関係に忠実な人間に調教する場と捉えられても過言ではない厳しさを持つ警察学校だが、それは何より現実の社会で市民と向き合い“法の番人”となる警察官だからこそ、自らを律する必要があるためだ。

ここで生き残った者だけが、警察官になれる。
警察学校という密室……そこで、何が起きたのか。必死のサバイバルが始まる――。

F942F52F-67D8-487D-9E53-F1DD18BAA15E
▪️風間公親(木村拓哉)
警察学校教官。元神奈川警捜査一課刑事。常に冷静で厳しい。
▪️宮坂定(工藤阿須加)
元小学校教員。事故で警察官に助けられた事で警察官に憧れる。
▪️楠本しのぶ(大島優子)
頼れる姉御肌。元インテリアコーディネーター。
▪️菱沼羽津希(川口春奈)
風間教場一の美貌を誇り、自信過剰な女生徒。
▪️日下部准(三浦翔平)
妻子持ちの元プロボクサー。成績で悩む。
▪️平田和道(林遺都)
警官の息子でありながら、クラスいちの落ちこぼれ。
▪️岸川沙織(葵わかな)
気が弱くて頼りない。そんな自分を変えるために警察官を目指す。
▪️枝元佑奈(富田望生)
元女子レスリング選手という異色の経歴を持つ。
▪️南原哲久(井之脇海)
人当たりが良いが、物に対するこだわりが強い。
▪️樫村卓実(西畑大吾 なにわ男子/関西ジャニーズJr)
人たらしで、生徒に何でも提供する調達屋。
▪️都築耀太(味方良介)
成績優秀だがポーカーフェイスで感情をあまり出さない。
▪️石山公平(村井良大)
クラスのムードメーカー。

“教場”と呼ばれる警察学校の教室。冷酷無比な教官・風間公親(木村拓哉)が務める初任科第198期短期課程の教場では、生徒たちが日々、早朝6時起床から激しいトレーニングにさらされている。何より厳しいのがルール厳守。その行動は、常に監視体制に置かれ、誰かのミスは連帯で責任を負う。携帯電話も没収され、外出するためには許可が必要。そんな辛苦ともいえる究極の試練が待ち受ける警察学校には、様々な背景を持つ生徒たちが様々な動機で集まってきている。また、警察学校という閉塞した極限状態で生徒たちが抱える葛藤も様々。「警察学校とは適性のない人間をふるい落とす場である」と考える教官・風間は、生徒がトラブルを抱えた途端、退校届を突きつける非情な男だ。また、いつも生徒たちに突然理解しがたい指令だけを告げて、その場を立ち去ってしまう。次々とふるいにかけられる“教場”という名のサバイバルゲームを生き抜くため、生徒たちの秘密と思惑が渦巻き、いろいろな事件が巻き起こっていく…。

“風間教場”のクラスメートは30人。果たして最後までふるい落とされずに生き残り、何人の生徒が卒業証書を手にすることができるのか?さらに風間は、生徒たちが起こす事件の複雑に絡み合った真相を解決していくことはできるのか?そして、生徒たちに非常識ともいえる謎の試練を与え続ける風間の真の狙いとは?
2020年1月4日(土) 「教場 第一夜」
5903026D-D9A3-4141-BE9A-F0B34319BF41
2020年1月5日(日)「教場 第二夜」
C5C42C08-6D60-4ADF-8DB5-0A9AA1761ABD