【人魚の眠る家】

――娘を殺したのは、私でしょうか。
先の読めない怒涛の展開、想像を絶する衝撃のクライマックス!究極の愛の形に日本中が震える!

残酷な状況下で迫られる究極の選択、根底から揺るがされる善悪の価値観。すべての理屈と常識を超えていく、愛という感情の脆さと強さ。その真実の先にあるのは、母の愛なのか――、それともただ狂っただけなのか――。この究極の愛の形に、涙腺と感情が揺さぶられる!
CCA3A4A7-568C-4ADC-9A79-9C218078F35C


■播磨薫子(篠原涼子)
和昌と結婚し二児の母。夫との関係に悩み精神状態が不安定になる。
■播磨和昌(西島秀俊)
薫子の夫でIT系機器メーカー・ハリマテクスの社長。家族に関心を持たない仕事人間。
■播磨瑞穂(稲垣来泉)
和昌と薫子の長女。プールで事故に遭い脳死判定され、植物状態で薫子に介護されながら生き続ける。
■播磨生人(斎藤汰鷹)
和昌と薫子の長男で瑞穂の2歳下の弟。姉が原因で苛められそうになり、瑞穂は死んだと言うようになる。
■星野祐也(坂口健太郎)
障害者をサポートする最先端のBMI技術を研究するハリマテクスの社員。この技術で眠ったままの瑞穂の体を動かせるようにする。
■川嶋真緒(川栄李奈)
星野の恋人。
■美晴(山口紗弥加)
薫子の二歳下の妹。
■進藤(田中哲司)
脳神経外科の医者で瑞穂の主治医。
■播磨多津郎(田中泯)
和昌の父。ハリマテクスの創業者。
■千鶴子(松坂慶子)
薫子と美晴の母親。

二人の子を持つ播磨薫子(篠原涼子)とIT機器メーカーを経営する夫・和昌(西島秀俊)。すでに別居状態の夫婦は、娘の小学校受験が終わったら離婚することになっていた。そんなある日、二人の元に悲報が届く。娘の瑞穂(稲垣来泉)がプールで溺れ、意識不明になったというのだ。医師から「脳死の可能性が高く回復の見込みはない」と言われ、二人は「脳死」を死として受け入れ、臓器提供を希望するか、心臓死をただ待つのかという、生かすか、死を受け入れるか、究極の選択を迫られる。奇跡を信じる夫婦はある決断を下すが、そのことが次第に運命の歯車を狂わせていく――。

主題歌 絢香「あいことば」

映画「人魚の眠る家」
15B1F797-045C-4451-B8DA-DD0573843C3C