【まだ結婚できない男】
第1シリーズ結婚できない男の13年後を舞台とする続編【まだ結婚できない男】
偏屈×独善的×皮肉屋の建築家・桑野信介が令和になってさらに進化!?
人生100年時代と言われるこのご時世で、53歳になった桑野は、偏見さに一層磨きがかかり、相変わらず独り謳歌する日々。しかし、ひょんなことから出会った女性たちとの間で、回り始める運命の歯車!
果たして、今度こそパートナーを見つけることができるのか?

1D220473-E3BD-4463-A0C9-3EF88BCE217B
■桑野信介(阿部寛)
有能な建築家。独身。趣味は、オーディオでのクラシック音楽鑑賞。
■吉山まどか(吉田羊)
吉山法律事務所の弁護士。アラフォーで独身。
■戸波早紀(深川麻衣)
桑野のマンションの隣人。普段からサングラスとマスクをしていた謎の女性。
■田中[旧姓・岡野]有希江(稲森いずみ)
カフェ「BROWN CLOVER」の雇われ店長。
■村上英治(塚本高史)
建築士。桑野と共同経営者。

建築家の桑野信介(阿部寛)は、前作で良い関係になりつつあった早坂夏美(夏川結衣)とは破局し、53歳になっても「まだ結婚できない男」だった。 そんな中、正体不明の「やっくんのブログ」で自身のことを酷評され続けたことから、そのブログを止めさせるために、弁護士で独身を続けている吉山まどか(吉田羊)に法律相談することになる。
主題歌 持田香織「まだスイミー」

第1話「相変わらず一人が好きで悪いか!」
ある日、桑野(阿部寛)はネットで自分を誹謗中傷する者に憤る。弁護士のまどか(吉田羊)に相談するも、桑野は余計な発言を重ねて微妙な空気にしてしまう。そんな折、桑野の隣室に早紀(深川麻衣)が引っ越してくる。
054EEF28-5340-4052-8426-D6AE8203BB8F
第2話「婚活アプリで出会って悪いか!」
桑野(阿部寛)はネットで自分を誹謗中傷してくる相手に訴状を出すため、まどか(吉田羊)の事務所を訪れる。相談中、結婚の話題になると、桑野はまどかに嫌みを言って満足げになる。そんな折、仕事仲間たちは桑野を勝手に婚活アプリに登録していた。桑野はすぐに削除を頼むが、女性からメールが届く。
FF0EEC74-B967-4E70-ADB7-D34F87AECD96
第3話「若い女優とウワサになって悪いか!」
桑野(阿部寛)は、隣人の早紀(深川麻衣)が殺人計画を話しているところを聞いたとまどか(吉田羊)に打ち明ける。事件への発展を恐れたまどかは、刑事に相談する。一方、早紀の愛犬・タツオが散歩中に逃走。タツオを見つけた桑野が、かつての隣人の愛犬の名「ケン」と呼ぶと、不思議そうに桑野の元へ近づいてくる。
1EBD2AAC-751B-417C-82E5-4AC9892E62BF
第4話「母親とケンカして悪いか!」
桑野(阿部寛)の部屋に、桑野の妹・圭子(三浦理恵子)とけんかをしたという母の育代(草笛光子)がやって来る。育代と気まずくなった圭子は、桑野に数日後に迫る母の誕生日を祝ってほしいと依頼する。悩む桑野は、バナナを持ってまどか(吉田羊)に渋々相談しに行くが、まどかは自分は親不孝な娘だと打ち明ける。
C8A75083-A5B9-4C0D-A35C-EC3DB96068B9
第5話「神様にお願いごとして悪いか!」
まどか(吉田羊)は、大好きな鎌倉で仕事疲れを癒やそうと1泊旅行を思い付く。まどかは有希江(稲森いずみ)と早紀(深川麻衣)を誘い、桑野(阿部寛)に「寂しく女だけで…」などと言われぬよう内緒で出掛ける。すると、仕事で鎌倉に来ていた桑野を見掛け一度は隠れるまどからだが、宿泊先で出くわしてしまう。
FB2CE708-6E70-4FD1-9EEB-48F9EDD3F3DC
第6話「見た目で判断して悪いか!」
自分を誹謗中傷するブログが検索順位を上げたことに憤る桑野(阿部寛)は、まどか(吉田羊)に再び相談するため事務所へ。そこで桑野は、弁護士志望のまどかのいとこ・亮介(磯村勇斗)と出会う。まどかの彼氏の有無などを詮索する亮介がやって来た理由は、まどかに長野の実家に帰るよう勧めるためだった。
EA7391E7-F5CF-4602-A1C0-4B86EDD90CBE
第7話「カフェが好きで悪いか!」
桑野(阿部寛)は飲食店の内装デザインを依頼される。「商売をする場所に興味はない」と邪険にする桑野だったが、その報酬の高さに引き受けることに。一方、有希江(稲森いずみ)は雇われ店長を任されるカフェを突然辞めろと言われ、まどか(吉田羊)に相談する。その後、桑野は依頼先の飲食店の場所を知り驚く。
96927871-BC95-4923-9A96-3562919F5522
第8話「結婚を祝わなくて悪いか!」
中川(尾美としのり)と圭子(三浦理恵子)夫婦が桑野(阿部寛)を呼び出し、「ゆみ(平祐奈)がメイドカフェで働いていることを説教してほしい」と頼む。桑野は英治(塚本高史)から自分たちの結婚式に出てほしいという話も受けて、多忙に。そんな中、英治は桑野にスピーチを頼もうとするが、周囲から反対される。
F274D525-006B-4FA7-95C2-1D2DB692AC1D
第9話「偏屈男が素直になって悪いか!」
桑野(阿部寛)が腹痛を訴え、救急車で運ばれる。中川(尾美としのり)は、桑野に急性胃腸炎の診断を下す。心配して病室に駆け付けたまどか(吉田羊)と有希江(稲森いずみ)、早紀(深川麻衣)は、普段より素直な桑野の態度に驚く。その後の女子会で、まどかは有希江に「桑野さんに厳し過ぎ」と言われ、意識してしまう。
A9643B5E-CAA0-497F-A04B-44A1CFFD22EF
第10話(最終話)「幸せになりたくて悪いか!」
熟年離婚した元夫婦の夫が家を建てる計画を立てるが、妻は設計担当の桑野(阿部寛)に建築の差し止めを訴えてくる。妻側の弁護士・まどか(吉田羊)とけん制し合う中、桑野が夫側の証人として出廷し、まどかと対決することに。桑野にぎゃふんと言わせたいまどかに対し、桑野は夫の居住計画を細かく証言する。
B88A47CA-798B-46C1-B497-37193603D4C1