【ザ・ファブル】

伝説の殺し屋が挑む、究極ミッション!

殺しを封じられたアキラは、一般社会の<日常>や<普通>をまったく知らない。そんなギャップ萌え甚だしい主人公が、初めて見つけた“殺しの力”の意外な使い道とは?ド肝を抜くアクション、ハッピー過ぎる笑い、最後はまさかの!?型破り救出ミッション最強エンターテイメントが誕生する!
85322611-1336-4675-9DFC-DE2E34FE870F

■アキラ/ファブル(岡田准一)
天才的な殺し屋。幼い頃から殺し屋としての指導を受ける。普段は温厚な性格。どんな相手でも6秒以内に殺す。
■ヨウコ(木村文乃)
楽天的でお酒大好きのアキラの相棒。幼い頃に両親を火事で失いボスに保護され、以来アキラとともに殺し屋の指導を受ける。
■清水岬(山本美月)
ファブルが大阪で出会う初めての一般人女性。親の借金を返済するため、バイトを掛け持ちしている。
■小島(柳楽優弥)
海老原の弟分で、刑務所から出所してミサキを追い詰める。
■ボス(佐藤浩市)
元殺し屋。プロの殺し屋に育てあげる。アキラとヨウコを引き取り、殺し屋とそのパートナーとして指導。
■フード(福士蒼汰)
砂川に雇われファブルを倒して名を上げようとする殺し屋フード。
■コード(木村了)
フードの相棒。
■砂川(向井理)
海老原と対立関係にある。
■浜田広志(光石研)
真黒組組長。
■海老原剛士(安田顕)
真黒組若頭。
■黒塩・クロ(井之脇海)
海老原の部下でファブルの正体を知っている。
■田高田(佐藤二郎)
デザイン会社・有限会社オクトパスの社長。
■貝沼(好井まさお)
有限会社オクトパスの社員。
■鉄板焼屋店長(モロ師岡)
鉄板焼屋『ちっち』店長。
■バーのマスター(六角精児)
バー「buffalo」のマスター。
■ジャッカル富岡(宮川大輔)
ファブルが大好きなお笑い芸人。
■河合ユウキ(藤森慎吾)
ヨウコの行きつけバーの飲み仲間。








どんな相手でも6秒以内に殺す。“ファブル(寓話)”と呼ばれる謎の殺し屋(岡田准一)は、裏社会では誰もが「伝説」と恐れ、その存在の真偽さえ訝しがられる男。“ファブル”を育てあげたボス(佐藤浩市)は、あまりにハイペースで仕事をこなし続ける彼に、ある指令を与える。「一年間、一般人として普通に暮らせ。休業中に誰かを殺したら、俺がお前を殺す」ボスには絶対服従の彼は“佐藤アキラ”という偽名を使い、相棒のヨウコ(木村文乃)と兄妹のフリをして大阪の街へ。ボスのツテで真黒カンパニーの社長=海老原(安田顕)に世話になりながらも、生まれて初めて、一般社会に溶け込もうと真面目に努力し始める。毎日ヒマをもてあまし飲み歩くヨウコとは対照的に、ボスからもらったインコを大事に育てたり、アルバイトをしてみたり。街で偶然出会いバイト先を紹介してくれたミサキ(山本美月)や、バイト先の社長=田高田(佐藤二朗)とも徐々に親しくなっていき、普通の生活を満喫し始めるアキラ。「プロの普通」を目指し精進する日々だったが、周囲はアキラを放ってはおかない。海老原の弟分で出所したての小島(柳楽優弥)と組織の現幹部=砂川(向井理)の確執、ファブルを伝説のレアキャラのように執拗に追い続ける若き殺し屋=フード(福士蒼汰)などが少しずつ、確実にアキラの穏やかな日常に忍び寄る。そして事件は起こった――。実はある過去を持つミサキが、拉致されてしまったのだ。ヨウコと共にミサキの救出に向かうアキラ。そこに「絶対に殺してはいけない」というボスの鉄の指令が立ちふさがった時、アキラは自分のこの並外れた能力が初めて「人を救うこと」に使えるのではないかと気付き始める。だがそこには想像を絶する強敵と、いくつもの罠が待ち受けていた。果たしてアキラは「殺さず」の指令を守り通せるのか?そして平和な毎日は戻ってくるのか…!?
主題歌 レディー・ガガ「ボーン・ディス・ウェイ」


映画「ザ・ファブル」
948C52E4-8A3B-4314-A346-AEEDF497F6CF