身に覚えのない殺人未遂事件の容疑者として逮捕された宅間善人。10年近くの服役生活を続けていた宅間だったが、事件の被害者の意識が回復したことで冤罪であることが判明。出所が決まった宅間は京都府警の高倉紀一郎の勧誘を受け、新設された特別捜査係へ配属されることになる。配属早々、とある事件の真相をあっさりと解明する宅間だが、特別捜査係主任の姉小路千波は彼の仕事に対する姿勢に反感を持つ。特別捜査係として実績を上げるため、姉小路は新たに4件の殺人事件を持ち込んでくるが、宅間は一見バラバラに見えるこれらの4つの事件がある共通点から一つに繋がっていることに気づく。
56D21A31-2A14-4EB4-AB50-8FF4823E8D9C
◆宅間善人(草彅剛)◆
経歴:京都府警察本部警務部広報課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係 → 警視庁刑事部総合事犯対応係。階級は巡査部長。
「犯罪者の心を知り尽くしたスペシャリスト」
元は広報課に勤める事務職の警察官だったが、10年前に殺人未遂容疑で逮捕。懲役15年の実刑判決を受け滋賀中央刑務所に服役する(後に冤罪だと判明し、出所)。服役の間に全受刑者の犯罪の技能・手口・心理状態などをデータベース化して記憶し、犯罪に精通したスペシャリストとも言える能力を得た。当時の受刑者番号は244番。犯罪者達の離反によって空中分解した「我々」の「『我々』に関わる全てを抹殺する」という目的に巻き込まれる形で、「我々」にスカウトされた犯罪者・武藤により、前述の冤罪による10年間の服役を強いられた。決め台詞は「分かるんですよ、だって10年入ってましたから」後に「分かるんですよ、だって10年10か月入ってましたから」。
◆姉小路千波(南果歩)◆
経歴:京都府警察本部刑事部捜査第一課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係 主任 → 警視庁刑事部総合事犯対応係主任。階級は警部補。
刑事の仕事に強い誇りを持つ「被害者の心に寄り添うスペシャリスト」。
警察官だった夫の竹彦を事件で亡くしてからは、娘の茜を女手一つで育てている。捜査一課では女性ということで捜査の最前線に立つことが出来なかったが、特別捜査係に移ってからは宅間とコンビを組むことになる。
◆松原唯子(芦名星)◆
経歴:京都府警察本部刑事部捜査第二課 → 京都府警察本部刑事部捜査第一課特別捜査係 → 警視庁刑事部総合事犯対応係。階級は巡査部長。
京大出身で数か国語も話せる才女だが、その隙の無さが仇となり、コンビを組む相手がいない。
◆我妻真里亜(夏菜)[連続ドラマ]◆
経歴:警視庁刑事部総務課 → 警視庁刑事部総合事犯対応係。階級は巡査。
現警察庁長官の白河を伯父にもつ。父親の我妻公昭は10年前に爆発事故で死亡したと思われていた。
総合事犯対応係に異動し、宅間とコンビを組むことになる。宅間がよその部署から取り寄せた過去に起こった事件のファイルの中に父親の事件の資料を見つけて、かつての自分の家庭教師で城明予備校の事務員である丹羽奈津美に会いに行くが、正体を現した彼女によって監禁される。事件解決後、公昭の葬儀の後に私的に訪ねてきた白河から「公昭君は『我々』の事を調べていなかったか」と問われた事を、姉小路に打ち明けた。
◆佐神稚洋(上川隆也)[特別出演]◆
滋賀中央刑務所収監の受刑者。犯罪者の依頼に応じて無償で犯罪の計画から犯行方法・逃走手段までの犯行プランを考える天才で、「犯罪脚本家」という通称を持つ。元、大阪府警察本部の捜査第一課に所属しており、当時はあらゆるジャンルの犯罪に関するノウハウやテクニックを熟知し難解な事件を次々と解決していった名刑事だったが、仕事がつまらないと考えるようになり、退職して犯罪者になった。刑事だった経歴上、古今東西の犯罪の手口・最新の警察の捜査技術まで熟知しており、高確率で「完全犯罪」を行うことができる。宅間からは「妙に凝りまくった犯罪の計画」を作る者として認識されている。「我々」に所属した過去もあり、スカウトされた犯罪者の中でも別格で「アドバイザー」をやっていた。実際「我々」が現在の計画に着手したのは、彼のアドバイスから始まる。
◆武藤久志(要潤)◆
警備会社勤務の元刑事。「我々」にスカウトされた犯罪者にして「『我々』の秘密を知る人物」の一人。
◆我妻公昭(羽場裕一)◆
我妻真里亜の父。法務省の元職員。公安調査庁所属。「我々」の主要メンバーの一人。
【スペシャリスト1】
冤罪で約10年間服役し、犯罪者の心理を読む特殊能力を身に付けた宅間(草彅剛)は、京都府警内に新設されたスペシャルチーム“特別捜査係”に刑事として 復職。刑事としての仕事に対する情熱は皆無で、ひょうひょうと過ごす宅間に同僚の千波(南果歩)はあきれる。そんな中、4つの未解決事件を捜査することに なった特別捜査係。共通点もつながりもなさそうな事件だが…。
「無実の罪で10年服役した刑事と殉職警官の妻…異色タッグが京都を揺るがす4つの殺人連鎖に挑む!」
09F36A6B-2B41-4314-B3E6-7513C9337FE8
【スペシャリスト2】
京都の町で謎の暗号が書かれたステッカーが貼られる事件が発生。特別捜査係はステッカーが貼られた地点で必ず何らかの事件が起きていることをつかみ、事件の鍵を握る“脚本家”と名乗る人物・佐神(上川隆也)を追う。
「全ての犯罪を知る刑事vs完全犯罪を操る男!京都の街に現れた謎の暗号…女性議員を狙う殺人計画の罠」
DCABC5B8-3984-450D-8425-421633398F44
【スペシャリスト3】
撲殺体が発見され、傍らには古いオモチャが落ちていた。そのオモチャは、宅間が10数年前に作った『キョートマン7』というフィギュアで、それぞれ違った 職業のキャラクター7人で構成されていた。今回現場に置かれていたのは“検事”を表すもので、奇しくも被害者は元京都地検の部長検事だった!やがて事件 は、15年前から続く連続殺人へと発展し、宅間の冤罪事件にも繋がっていく!最後に明かされる衝撃の真相とは…
「無実の罪で10年服役した刑事!7体のフィギュアが結ぶ連続殺人冤罪の謎が解ける衝撃の結末とは!?」
3AE109CF-9756-42D5-B3F4-6EE11C29101C
【スペシャリスト4】
京都・嵐山市の非公認キャラが誘拐されるという、前代未聞の事件が発生した。「単なる盗難事件」と高をくくる姉小路千波(南果歩)らだったが、宅間善人(草彅剛)の推理に従って捜査を始めると、その裏に隠された恐るべき殺人計画にたどりつく!インターネットで資金調達をしながら、実在する凶悪犯罪者を騙って、それと同じ犯罪を次々と起こすというその犯罪計画の中には、宅間にとって大切な人の“殺害計画”も含まれていた…
「10年服役した刑事が挑む最後の事件!一般市民が参加する劇場型犯罪ショー!?着ぐるみ誘拐が導く連続殺人!!最後に待つのは大切な人の死…衝撃の結末」
424FA6EB-EBA5-4021-9FD9-FA49387EEE6C
【スペシャリスト】
宅間善人(草彅剛)は殺人未遂容疑で逮捕され、実刑判決を受けて刑務所に服役していたが、実は冤罪であったという異例の経歴を持つ刑事。宅間は、服役中に受刑者たちの犯行の手口や技能、心理的傾向などをデータとして記憶に焼き付けており、「罪を犯す人間の切実な心理」を知り尽くしたスペシャリストとなっていた。そんな能力を生かし、京都府警特別捜査係で日々、事件の捜査に当たっていた宅間だが、後ろ盾だった高倉本部長が殺害され、同係は解散。自分を取り巻く大きな陰謀を暴くには“本丸”に乗り込むしかないと決意した宅間は、警視庁に新設された「総合事犯対応係」に異動し、さらなる 難事件に挑んでいく。
第1話「トリックだらけの密室殺人!!美人妻の空白の300日」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第2話「10年服役した刑事!いろはカルタ殺人事件月夜に狙われた女!!」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第3話「時効寸前!殺人罪を消滅させるトリック!?悪女の復讐!!」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第4話「女刑事・姉小路の罪…5年の嘘!?京都~東京2つの殺人の点と線」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第5話「殺人上映会!死んだ女優から謎の招待状…容疑者は観客全員!?」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第6話「復讐のピアニスト!母子を引き裂く遠隔殺人トリック!!」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第7話「病院が巨大密室に!?致死率100%ウイルス ナースの完全犯罪!!」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第8話「殺人トーナメントの標的は宅間!?妻との永遠の別れ…」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第9話「すべての謎が明らかに!冤罪に陥れた男とついに対決!!」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3
第10話(最終話)「さよなら宅間!目撃者は1000人!!命がけの逆転トリック」
8C46C85D-E6CD-4881-89F3-94EA3D56E1D3