【ビター・ブラッド〜最悪で最強の親子刑事〜】
銀座警察署刑事課捜査第一係・鍵山班に配属された新米刑事の佐原夏輝は、困った人を放っておけない。事件の被害者の気持ちに寄り添い、涙することもしばしば…。そんな夏輝が配属された鍵山班には、犬猿の仲である実父・島尾明村が所属していた!二人は班長に任命され…親子でバディを組むことに!人情派・ジュニア&ちょっとキザで変わり者の父親・ジェントル、超個性的な先輩たちに振り回されながら、事件を解決していくコメディータッチ刑事ドラマ!
653485B3-65DA-4DC2-BA46-1FC9582AAEB2
◆佐原夏輝(佐藤健)◆
新米刑事。階級は巡査長。あだ名は「ジュニア」
◆島尾明村(渡部篤郎)◆
刑事。離婚によって長年会っていなかった夏輝の父。あだ名は「ジェントル」
◆前田瞳(忽那汐里)◆
新人女性刑事で佐原の同期。柔道の有段者。父・修一も刑事だったが殉職。父を殺した犯人が逃亡中のままであることから自らの手で犯人を逮捕したいと考えている。
◆稲木俊文(吹越満)◆
階級は巡査部長。あだ名は「チェイサー」で由来は尾行の達人から。仲間にも自分にも厳しく、全てを理屈で捉えるクールガイ。
◆古雅久志(田中哲司)◆
階級は警部補。あだ名は「バチェラー」で由来は結婚願望が強い独身男性であることから。拳銃の腕前は抜群。
◆富樫薫(皆川猿時)◆
階級は巡査部長。あだ名は「スカンク」で由来は口臭が臭いことから。強烈なキャラクターで、班で一番の武闘派。きつい口臭で相手に音を上げさせる取り調べの達人。
◆鷹野浩次(KEIJI)◆
階級は巡査長。あだ名は「タカ」。刑事ドラマおたくの情報通で仲間にあだ名を付け呼んでいる。
◆鍵山謙介(高橋克実)◆
課長。佐原と島尾の上司。

佐原夏輝(佐藤健)は銀座署の新人刑事。出勤初日に職場へ向かう途中、老女を狙ったひったくり現場に遭遇する。逃げた犯人の男ともみあいになる夏輝、とそこに突然現れた女性が男を華麗に投げ飛ばす。それは、偶然通りかかった新人刑事・前田瞳(忽那汐里)だった。夏輝と瞳が配属された銀座署刑事課捜査第一係・鍵山班には、班長の鍵山謙介(高橋克実)以下、尾行の達人・稲木俊文(吹越満)、結婚願望の強い独身・古雅久志(田中哲司)、口臭がクサい富樫薫(皆川猿時)、刑事ドラマおたくであだ名付けの達人・鷹野浩次(KEIJI)、そして夏輝の実父・島尾明村(渡部篤郎)がいた。幼い頃に両親が離婚して以来、明村とは犬猿の仲だった夏輝は、父との再会に頭を抱える。が、鍵山は明村を夏輝の指導係に任命し、いきなり2人はバディを組む羽目に…。明村は、自分とバディを組むのなら上質のジャケットを着るように、と夏輝に命令する。
主題歌 Mayday「Do You Ever Shine?」

第1話「相棒が親父!?最強のバディ誕生!!」
殺人事件の容疑者の近隣住民への聞きこみ捜査へ向かうと、容疑者の死体が自宅アパートで発見された。第一発見者である娘の事情聴取を行った夏輝(佐藤健)は、思わず感情移入してしまい涙をこぼす。そんなある日、銀行強盗が発生。たまたま行内のトイレにいた夏輝は、現場にいることを電話で報告する。明村(渡部篤郎)はその場を動かず状況を報告するよう夏輝に指示した。が、子どもが犯人の標的にされそうになるのを目撃した夏輝は…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第2話「命がけの絆」
佐原夏輝(佐藤健)のもとへ誘拐事件事発生の連絡が入った。誘拐されたのは、高級住宅地に住む今村洋一(デビット伊東)と優子(奥貫薫)夫妻の長男で10歳の和道(土師野隆之介)だった。犯人からの要求は、身代金5000万円と家の窓を開けること。そして窓からカメラを搭載したラジコンヘリが室内に入ってきた。夏輝はラジコンの操作のために犯人が近くにいると判断し、家を飛び出す。急発進するワゴン車を発見した夏輝は銃を構えるが…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第3話「魔王の登場」
前田瞳(忽那汐里)は、12年前に殺害された父親・前田修一(鈴木一真)の事件資料を見ていた。瞳は、父親殺しの情報を握っている情報屋の男から見せたい資料があると連絡を受けた瞳は、男の部屋へと向かった。何の疑いもなく室内に足を踏み入れた瞳は、部屋の壁に切り裂かれた自分の写真があるのを発見してしまい…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第4話「ふたりの対決!!」
鍵山(高橋克実)の息子・功太(小関裕太)は、帰宅途中に見知らぬ男・鮫島(渋川清彦)が男性をナイフで刺すところを目撃してしまう。そんな折、銀座署に夏輝(佐藤健)宛ての荷物が届く。明村(渡部篤郎)は、不在の夏輝に代わってバイク便業者(坂本真)から荷物を受け取ろうとするが、ナゼか人質に取られてしまう…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第5話「ふたりで張り込み」
銀座署前にいた佐原夏輝(佐藤健)や島尾明村(渡部篤郎)ら鍵山班の前に、血だらけの男が倒れ込んだ。男は、夏輝の祖父で元刑事の佐原富成(伊武雅刀)だった。富成を刺したのは3年前に現金輸送車から2億円を強奪し、警備員2名を殺害した城之内利也(山中聡)だと言う。城之内が銀座に現れたのは、当時付き合っていた関根綾子(野波麻帆)が原因であると推測した富成は、銀座周辺で城之内の捜索を指示。同時に、夏輝と明村には綾子の24時間監視を言い渡す。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第6話「悪意の行方」
出勤中の佐原夏輝(佐藤健)の前に一台の車が止まる。夏輝は、その車から降りてきた男たちに強引に車に押し込まれてしまう…。夏輝が連れてこられたのは銀座署の大会議室。そこには島尾明村(渡部篤郎)や前田瞳(忽那汐里)ら鍵山班をはじめ、大勢の署員が集められていた。そこへ警視庁警務部人事一課の木暮竜也(西村雅彦)がやってきた。刑事課の床には血だまりが…。昨晩、鍵山謙介(高橋克実)が何者かにナイフで刺された。家族の証言から、鍵山班全員が容疑者となっていたのだ。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第7話「恋と事件の行方」
日々婚活にいそしんでいた古雅久志(田中哲司)の結婚が決まった。相手の佐藤真琴(上原多香子)とは10日前にお見合いパーティーで知り合ったという。古雅は、真琴に強請られお金の資金援助をしたり200万円の指輪を買う約束をした事を嬉しそうに話す。そこへ、結婚詐欺にあったかもしれないという男性が相談にやってきた。夏輝と島尾明村(渡部篤郎)が事情を聞くと、指輪を買ったとたん連絡がとれなくなったという相手の女性の手口が古雅の話と一致した。真琴があるお見合いパーティーに出席することを突き止めた夏輝は、潜入捜査をすることに…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第8話「密室大パニック!!」
銀座署の取調べ室では、公務執行妨害で捕まえた相模修吾(中野裕太)の取調べを行っていたが、隙を見て富樫薫(皆川猿時)に襲い掛かる。更に、差し入れのカツ丼を運んできた鷹野浩次(KEIJI)にも襲いかかり逃走を図った。医務室で目を覚ました富樫が相模の腕に入れ墨があったことを報告。総動員で相模の捜索にあたる中、古雅久志(田中哲司)は見覚えのない制服警官に声をかけるが…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第9話「裏切り…!?」
麻薬が暴力団の青竜会に渡ったことを受け、夏輝(佐藤健)と明村(渡部篤郎)は事務所を張り込んでいると、幹部の藤崎達雄(嶋田久作)が出てきた。藤崎が麻薬を売るとにらんだ夏輝と明村は、後をつけると一人の男がやって来た。男は藤崎から小さな紙袋を受け取ると、代わりに現金が入った封筒を差し出す。取引現場を目撃した夏輝と明村が確保しようと近づいたその時、男の顔が見えて…。私用で捜査に参加していなかった稲木(吹越満)であった。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第10話「絶体絶命!!」
バスジャックされた車内の中に、佐原夏輝(佐藤健)と前田瞳(忽那汐里)が乗車していた。乗客の一人である大村国男(東根作寿英)が、夏輝に拳銃を突きつけてきた。大村は、悲鳴をあげる乗客たちを怒鳴りつけ、逃げ出そうとした乗客のひとりが腕を撃たれた。怯える乗客を見た夏輝は、老人と子どもだけでも解放して欲しいと願い出るが聞き入れてもらえず…。同じ頃、島尾明村(渡部篤郎)は警視庁人事一課の木暮竜也(西村雅彦)に呼び出されていた。警視庁捜査一課への栄転の話に上機嫌で歩いていた明村だが、背後から声をかけられ振り向くとそこには…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A
第11話(最終話)「永遠の絆」
佐原夏輝(佐藤健)は、遊園地で貝塚剛久(及川光博)と対峙する。貝塚は、遊園地内にある廃屋で逆さ吊りにされた島尾明村(渡部篤郎)の映像を見せた後、客でにぎわう遊園地の観覧車に爆弾を仕掛けたことを告げる。どちらかしか救えない状況の中、選択を迫られた夏輝が向かったのは観覧車だった!爆弾の解除方法はある解除スイッチ…。だが、夏輝が爆弾の解除スイッチだと思って押したのは、明村の体に装着された爆弾のタイマー起動のスイッチだったのだ!そして、明村の爆弾のタイマーが動き出した…。
EC385835-A616-4D7A-BF8D-2AE135568A0A