身に覚えのない殺人未遂事件の容疑者として逮捕された宅間善人。10年近くの服役生活を続けていた宅間だったが、事件の被害者の意識が回復したことで冤罪であることが判明。出所が決まった宅間は京都府警の高倉紀一郎の勧誘を受け、新設された特別捜査係へ配属されることにな ...