【白い春】「血はつながってる。心はどうだ。」自分の娘とは知らず、ある少女と出会ってしまった“不器用で最悪な男”。そして、その少女を自分の娘のように育ててきた“真面目で善良な男”。どちらの愛が大きいではなく、正しいでもない。どちらの愛も、深く温かい。愛する ...