カテゴリ: 探偵・推理・ミステリー系

【探偵・由利麟太郎】「観察すれば、真実は自ずと浮かび上がる」元警視庁捜査一課長という経歴を持つ、白髪の名探偵・由利麟太郎。由利を敬愛し助手としてバディーを組む、ミステリー作家志望の青年・三津木俊助。昭和を代表するミステリー作家・横溝正史のおどろおどしい奇 ...

【テセウスの船】平成元年に起きた謎の連続毒殺事件の犯人は――父親!?事件直前にタイムスリップした息子は驚愕の真実にぶちあたる!“俺の父親は、本当に犯人なのか!?”事件によって失われてしまった家族の笑顔を取り戻すため、父の無実を信じて立ち上がる息子。時代を ...

【シャーロック】犯罪コンサルタントと精神科医のコンビが数々の難事件に挑む!顔面最強、内面最強!?のバディによるスリリングなミステリーエンターテイメント!▪️誉獅子雄(ディーン・フジオカ)フリーの犯罪捜査コンサルタント。▪️ 若宮潤一(岩田剛典)都内の病院に勤務す ...

【インハンド】寄生虫を専門とする無愛想でドSな変わり者の天才科学者・紐倉哲。植物園を買い取って巨大温室を研究所兼自宅とし、さまざまな動物たちと暮らし、右手に黒いロボットハンドのような義手を装着している。そんな変人であり天才の紐倉博士が、次々と巻き起こる難事 ...

【あなたの番です】あなたには今、殺したい人がいますか――? 「あいつ、絶対殺してやる」「死ねばいいのに」 誰しも冗談で口にしたことがありそうな、こんな一言。その言葉が、いつのまにか一人歩きし、現実になったとしたら……? とあるマンションに引っ越してきた一組の ...

【トドメの接吻】キスをされる男は死ぬ。そして7日間前に遡り生き返る。接吻から始まる、死のタイムリープ。愛なんか求めようとするから人は不幸になる。「欲しいのは愛なんかじゃない、目に見えるモノ――カネと権力だ」♥堂島旺太郎(山崎賢人)♥イケメンナンバーワンホスト ...

特別ドラマ企画【視覚探偵 日暮旅人】聴覚、嗅覚、味覚、触覚…五感のうちの四つの感覚を喪った男、日暮旅人。そんな旅人が、唯一残った研ぎ澄まされた視覚を駆使し、物を、人を、そして愛を探す新感覚ヒューマンミステリー!どんな探し物でも見つけ出す“探し物探偵”日暮旅 ...

【臨床犯罪学者 火村英生の推理】「この犯罪は美しくない。」斎藤工×窪田正孝主演による本格推理エンタテインメント。犯罪学者・火村英生と推理作家・有栖川有栖がバディを組み、犯罪者が現場に残した複雑怪奇なトリックという挑戦状を、究極的に美しいロジックで解明してい ...

【怪盗探偵 山猫】闇夜をかける一人の男。世間を賑わす天才怪盗犯。その名は「山猫」。彼が現れる所、鮮やかに盗み出されるのは大量の資金。暴かれるはそこに蔓延る悪事の証拠。彼は、世紀の大怪盗か。はたまた正義の味方なのか。謎に満ちた動向は世の人々の注目を集める。完 ...

【探偵の探偵】「アンタを×××まで、私は死ねない。」当時、高校3年生だった妹の咲良が何者かにより惨殺。犯人が、探偵を使い咲良の情報を得ていたと知った玲奈は、その探偵を探し出すため、自分も探偵のスキルを習得しようと思い立った。妹を死に導いた探偵=“死神”に対 ...

「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ…。」死神が落とした「DEATHNOTE」をめぐる戦いが、いま始まる。「そのノートに名前を書かれた人間は死ぬ」という力を持つ、死神が落とした恐るべき“デスノート”。天才的な頭脳を持ち、退屈を持て余していた高校生・夜神月(ヤガミ・ラ ...

【潜入探偵トカゲ】「潜入探偵はあなたの隣にも潜んでいる」超人的な記憶力をもつ名探偵が、強気な助手と共にあらゆる現場に潜入し、次々に事件を解決!ただしその探偵…性格に難あり。警視庁の刑事は、特殊なケースを除き、原則的に潜入捜査は許されていない。だが、難事件 ...

【LIAR GAME ライアーゲーム】差出人不明の小包を開封した瞬間から、億の金をめぐる熾烈な頭脳戦が始まる「LIAR GAME」。大金を賭けるライアー・ゲーム(嘘つきゲーム)に巻き込まれていく!心理学や数学・分析学を用いて、勝敗を決めるのは嘘やトリック。手に汗握る心理戦、頭 ...

【名探偵コナン】謎の組織によって幼児化させられた高校生探偵・工藤新一が江戸川コナンと名乗り、組織の行方を追いながら数々の事件を解決していく、青山剛昌の推理漫画「名探偵コナン」。高校生探偵・工藤新一は、大人顔負けの推理力と洞察力を併せ持ち「日本警察の救世主 ...

「金田一少年の事件簿」は、さとうふみやによる漫画作品。「ジッチャンの名にかけて!」、「謎はすべて解けた!」。名探偵・金田一耕助の孫、金田一一(きんだいち はじめ)が、幼なじみの七瀬美雪、警視庁の剣持勇警部と様々な難事件を解決する。第1シリーズおよび第2シリーズ ...

↑このページのトップヘ