【君の膵臓をたべたい】偶然、【僕】が病院で拾った1冊の文庫本。タイトルは「共病文庫」。それはクラスメイトである山内桜良が綴っていた、秘密の日記帳だった。そこには、彼女の余命が膵臓の病気により、もう長くないと書かれていて…。病を患う彼女にさえ、平等につきつけ ...